様子見をかねて朝ドラ

2014/07/06

NHKで朝にやっているのではなく朝からドライブという意味、今日から全国的に普及させます・・・ということで道路が空いていて涼しい早朝に行動開始です。

冷感時のアイドリングは・・

冷感時のアイドリングは・・

さて、肝心の冷感時のアイドリングは・・・うーん、少しは良くなったかも!と喜んだのは束の間・・・たまにプスンと失火風な音が。ハァだめじゃん、プラグの汚れとかそういうのでは無さそうな感じでガックシ。はたして原因は何なのか・・・

 

とまぁ、悩んだところで簡単に出来る作業は無さそうだし、こんなんでも普通に走るのでそのままお出かけすることに。

45,000km

45,000km

積算距離計はちょうど45,000km。
4年前の5月にナンバーを取得した際は31,000km・・・もう14,000kmも走らしているのか。

そりゃトラブルも多いわけだ \(-o-)/

 

 

で、目的地は館林市。5月に法事で訪れた際にたまたま見つけたふそうT951型ダンプ。既にネットでは有名のようですが、当時はカメラに収めることなくそのまま素通りしてしまっていたためリベンジです。

曇天

曇天

目的地近くに到着。
ひんやりとした空気が気持ちい。

 

ふそうT951型ダンプ

ふそうT951型ダンプ

そのダンプは県道沿いにありかなり目立ちます。
ダンプが無ければ手前のコロナとクラウンだけでも「お!」となりそうですが、今回ばかりは私の目には全く映りません。

子供のころはよく走っていた記憶がある型です。

 

後期型か

最終型か

フロントガラスが1枚物であり最終型のよう。
丸い車速灯が懐かしさをそそります。

実はこの裏側に人がいて洗車をしており小心者のため残念ながらこれ以上近づけません。

 

グサグサ

そういえばフロントのホイールにステップリングが無いですね。

この型のトラックは関西で実働車が走っているのは知っていますが、はたしてどれだけ生きているのか・・・

 

カメラに収めたところで昼前には用事があるので早々に退散です。

 

 

ふそうFK

ふそうFK

帰り道、国道沿いにふそうFKを発見。まだ日本の奥地で働いていそうですが、関東平野ではまず見ることはありません。

これも懐かしいマスク。

 

 

エルフ

エルフ

国道沿いのヤードのようなところにエルフを発見。
丸目の最後の型と思われます。やはりこれも散々走っていましたが、もうほとんど見ることはありません。

 

 

サニーも

サニーも

エルフから比較的近くにサニーが置いてありましたが、T9、FK、エルフを見てきており古くてもあまり興味が沸かなくなってしまいました。

 

 

 

やば!

やば!

 

田んぼの中にヤードのようなところがあり気になったので近づいてみると、軽トラの間に動くものが・・

 

 

番犬だ。やばい!

 

 

かなり距離が近い!!

 

 

 

繋がれているのだろうか?吠えられないだろうか?・・かなり怖かったのですが、そーっとゆっくりと進むことに。

 

 

 

 

え?

え?

・・・。

 

 

ところでエンジンは相変わらず順調なんですよね、朝一以外は。。

 

シミ?

シミ?

で、夜に気になったので床下にもぐてみると・・・クランクケースの合わせ面やインマニのフロント側にシミのようなものが。。

触ると明らかに油分です。

あまり調子の良くないシリンダもフロント側、シミもフロント側が多いような・・・え!もしかして!!

ガスケット抜けをしているのかどうか。液体ガスケットの盛りが少ないことに起因しているのか。。

 

あ、反対側・・・つまり助手席側はどうなってる?

 

反対側にも

反対側にも

MAJI?

文字は赤いですが気持ちは青いです。

 

・・・今までこのようなシミは無かったと思ったんだけど。

日ごろの行いが悪いのか、何かの祟りか。

そしてさらに中をのぞいてみました。

 

あれれ

あれれ

あれ~、どうしてこんなに濡れているの?

リア側ピストンのオイル供給ポートが濡れ濡れです。

え?これ長野行ってからなの?それともその前から??

 

とりあえず、クランクケースやらこのポートやらを増し締めをしてみることにしますか。

もしそれでも再発したら、真夏にまさかのエンジン下ろし・・・?

 

うわ、やだ。。