思いついてから3時間でGO

2014/07/19

少し前、何気に「ミニキャブEL」で画像検索してみると「ミニキャブEL」っぽいのを発見!
まさかねぇ~と思ってよく見てみると、「じぇじぇ!まさかのELだ!!」。

しかも、え!長野県?
あのアイスパンで有名な、大王わさび農場の長野県!

すぐさま当相談所野田支部長に電子郵便で連絡をすると、驚きと共に携帯を片手に白目をむいて倒れている様子が電子郵便で伝わってきました。

これは行くしかない。すぐ行くしかない。
競争が激しくなる前に行くしかない!

と思い立って約1ヵ月、どこにあるのか全く検討がつきません。

ちまちまと草ヒロビューワを使って見ていても見つかりません。
というかそう簡単に見つかるはずがありません。

景色から推測することもほぼ不可能・・。

 

そう簡単には・・・

そう簡単に見つかりました。
あとは行くだけです!

PCを立ち上げて当相談所のサイト更新をさぼる口実にとGoogleMapを起動し「見つかるはずないよなー」と、何気にペグマン(ストリートビューのオレンジの人形)を落としたら目の前に飛び込んできたのはパネルバンでしたw

MAJI?

また携帯電話の向こうで白目をむいている方がいらっしゃいました。

 

よし いくぞう

♪おら こんな村嫌だぁ おら こんな村嫌だぁ 草ヒロの無い村は~

時刻は23時半。
詳細は申しませんが個人情報を書いた用紙をwordでちゃっちゃと作り、高速代をケチるべく翌2時に出てひらすら下道で行くことに決定。

trip

高速代はケチる

向かうは長野県伊那市。目標は6時半に到着。
ナビで最短経路で検索すると距離240kmあまり、そして「へ向かう指示」が!

お、これはR254で行けってことね!!

了解です!

一瞬R20のほうが効率的かと思いましたが、高速を避けたトラックが多くいいペースで行けない可能性があったのでこの指示には納得。

ナビの指示を無視しさらに高効率な経路で東松山付近に到着すると、まっすぐで良いはずの指示が何故か交差点を曲がれと・・あれ?

おい!高速乗らないために早く出たんだぞ!

私の思惑を理解していなかったようで東松山から関越乗るように指示していました。

それを無視してひたすらR254。
佐久市を抜けるまでに目の前を走っていた車は20台無かったかもしれません。
R20ではありえない少なさでこちらで正解。
途中遅い車には丁重にアピールをし先を譲って戴きました。

 

7時到着、御対面

遠いです、遠すぎです。
とても気持ちの良いペースで来れましたが、遠い。

でも遠いだけの甲斐はありました!

 

まさかの3ショット

まさかの3ショット

まさかのハイエース

まさかのハイエース

 

画像間違えました。

まさかのパネルバン

まさかのパネルバン

ただでさえ現存数が少ないミニキャブEL、しかもパネルバン!
結構ザクザク状態ですが、まだしっかりとしているようです。

物置利用?

物置利用?

ちっちゃい

ちっちゃい

物置として使っていそうですが、それにしても田んぼ作業にパネルバンはいまいちピンときません。
リアのサビは少ない感じですが、屋根の石が気になります。
波板の押さえとも思われ、穴でも開いているのでしょうか。。。

 

ピカピカハブキャップ

草で磨かれたピカピカハブキャップ

草研磨でものすごくピッカピカです。

 

キャビンと箱の隙間

キャビンと箱の隙間

どうでも良いですが、キャビンと箱の隙間はこのような構造になっていました。

 

所有者が現れること期待しましたが、そんなこともなく30分ほど取材をさせてもらいすぐさま帰路につきました。