タイヤを外してみた

2009/03/22

どうなっちゃているかは内緒。

タイヤがサビサビなんですの。

DSC_2720

というわけで、足回りのブレーキに手を入れるとしましょう。
まずは中をのぞいてみます。

ナットは固着していると思いきや、少し力をいれてラチェットを扱えば簡単に回りました。

 

DSC_2721

タイヤを外しまして・・・

 

DSC_2722

ハブキャップを外すと劣化グリスがたっぷり。

 

DSC_2723

ナットとピンを外しドラムをゆするとにゅるっとベアリングが滑り出てきます。

 

DSC_2724

そしてドラムを外しました。

豪快に錆びているとおもいきや、案外そうではないようです。
シューもまだ使えそうです。
下側のシューはフルード痕が付いているように見えます。。。

シューはなるべく新品に交換か張替えをして下さい。
見た目が大丈夫そうでも長い年月による経年劣化でシューが剥がれる可能性があります。

 

 

DSC_2725

ホイールシリンダ。
全輪の分解清掃は行う必要があります。

 

DSC_2726

シューを止めている何とかスプリング。
後期のT131型は巻きバネが使用されているようですが、それとは違うようです。

 

DSC_2733

ドラムの裏側。

何が良さそうで何がダメそうなのか判断が出来ません・・。
ちょっとしたモヤモヤを感じつつの作業が続きます。