新シリーズです!

サイドシルが無いほうがフロア再生は楽そうなので急遽始まった新シリーズ。
では、どうぞ~

 

どうしようかね。

どうしようかね。

まぁまずはサイドメンバ再生なわけですが、さあてどうしましょうね(笑)

この一週間はサイドシル取り付けイメトレをしてしまっていたので、何をしてよいか分からず手が動かない。

 

 

どうやろう・・・

 

 

 

何からやろう・・・

 

 

 

 

これを見続けて30分

 

 

 

 

 

切っちゃました

切っちゃました

大きく切っちゃいました(笑)

本当は切らないで済まそうと思っていましたが、裏側の錆びを落とす手間を考えると新たに貼りなおしたほうが手間が無さそうと判断。

もちろん、

勇気が必要でした。

オリジナルはリブ加工されていますが、まぁ無くてもいいね。

 

サイドメンバ内

サイドメンバ内

内側もごらんの通り。
ティラミスの上部みたくなっていますが、想定内です。

 

腐った部分を除去

腐った部分を除去

そして腐っていた前側部分のメンバも除去しておきます。

 

サイドメンバを作るよ

さっそくサイドメンバを作りましょう。

 

これこれ!

これこれ!

捨てずに取っておいて良かった好例です。

助手席側フロア再生で作った時のです
助手席側も運転席側も同じ形ですからね。捨てなくてよかった!

 

型取り

型取り

助手席側の時は一体モノで作りましたが、曲げで難儀したので今回は2ピースで作ってみます。

 

切り出し

切り出し

板厚は1.0mm。硬い硬い。。

 

曲げる

曲げる

それを当相談所オリジナル高級曲げ機を使って曲げます。
今回は万力が2ヶあるので幾分ラク・・・ではありません。

 

カタイ!

カタイ!

硬いのなんの。。結局体重をかけて曲げました。

メタボリック症候群 バンザ~イ\(^o^)/

 

これを合わせる

これを合わせる

カタチが分かりにくいですが、これを合わせて1つにします。

 

錆び取りをしておく

ラストボンドが乾くまでは時間がかかりますので次回に効率的に作業が出来るように、先に錆び取りをしておきます。

 

グラインダーで

グラインダーで

グラインダ使用をメインに錆を落としていきます。

フロア面の大きな茶色い部分、錆びを落とすと穴が空きそうでビビっていましたが、意外と大丈夫で助かりました。

良い意味での想定外はウレシイですねですねですねですね。

 

裏側も極力

裏側も極力

一番面倒な床下も極力錆び取りをします。

忍耐勝負ですね。

 

大穴

大穴

大穴になりそうな部分も錆びを落としておきます。

 

問題の部分

問題の部分

ここです、問題な部分。
少しでもしっかりとカタチが残っていれば作り直したメンバと接合しやすいのですが、錆がひどく強度が欲しい所に穴が空いてしまっているアリサマ。。

このまま取り付けるよりは、メンバ受け兼補強材を取り付けたほうがよさそうダナぁ。。

 

最後はラストボンド

最後はラストボンド

まぁ悩んでいても仕方が無いので気分を切り替えて、今回はラストボンドを塗って終わりますか!!