フロアの処理が出来る

サイドシルを取り付けたことにより、安心してフロア処理が出来ます!

 

開腹します

開腹します

フロアの接合は、下からのドリルビスを上側だけ溶かして処理。
裏側はそのままパテ埋め処理で対応をしてみることに。

そして、サイドフレームの部分を・・・

 

開腹してみた

開腹してみた

案の定、いいサビ夢気分状態で開腹して正解!
ある程度サビを除去してラストボンド処理です。

 

シースルー

スッカラカン

スッカラカン

早く乗りたい!

早く乗りたい

鉄粉やら砂塵が多く堆積していたので一旦全て出してブロアーで清掃。

 

ぽっかり穴を埋める準備

本格的にフロア作業に入る前にフェンダーのところを処理しないといけません。

 

ぽっかり穴

ぽっかり穴

大穴

大穴とも言う

垂直に立っている部分を処理します。

 

少しでもサビを取っておく

少しでもサビを取っておく

と、その前に、袋になっているところが気になったので調子にのって大きく切開。大丈夫なんだろうか・・・
中にワイヤーブラシを突っ込んで出来る範囲で錆び取り。

 

1ピース目

1ピース目

垂直部分は2ピース構成としました。
まずは1ピース目。いつものように厚紙(これはティッシュの空箱)で型取りをして板金切り出し。

 

仮付け確認

仮付け確認

どうでしょうか。上のほうまで大きくカバーするようにしています。

 

外側から確認

外側から確認

画的に分かりづらいな・・・

 

2ピース目

2ピース目

2ピース目は曲面に合わせて緩やかな感じに。

 

2ピース目

2ピース目

比較的短時間で出来たゾ \(^o^)/

 

ピラーの末端部も

ピラーの末端部も

ついでにピラーの末端部も製作。
段違いになっているところもうまく表現出来て、助手席側の時よりも上達している自分に酔いそう(笑)

 

さて、次回以降どように作業を進めるかは、また仕事中通勤中に考えるとしますか!