不安+不安=不安不安

パンダの名前ではありません。
超ボスキャラ的なやっかい箇所のフロア再生(←何度もいいますが再生という言葉が適切は疑問に思う)の目処がたち1つの不安が消えたのですが、早速次の不安に苛まれるようになりました。

それは、

 

本当に車検通るのか、コレぇ???

 

です。

車体は何とかなるとしてもエンジン系はノーメンテで挑む予定で、現状は若干ガソリンが濃い目のような状態だし、もう不安しかありません。

おいおい、いつもの相談所らしくねぇじゃん!

と言われそうですが、

 

そうですね、考えても無駄ですね!
こんな弱気では相談所所長の座をN市のN氏に奪われてしまうわ。

まぁもし車検に通らなかった場合は、有償でN市のN氏に引き取ってもらえばいいですし!

じゃぁとっとと進ます。

 

スタビライザーを外す

スタビライザー

スタビライザー

このバーです。
外さなくても問題ないのですが、スタビライザーを受けるブシュが尽く劣化しているのでそれを交換したく外すことにしました。
(ブシュの交換で乗り心地がカッチリするという書き込みがどこかにあったので・・・)

 

外す箇所

外す箇所

スタビライザーを外すためには矢印部分の押さえを外します。
全ての箇所のボルト、ナットがサビで固着しており若干ナメ気味ながらも何とか外せました。
ですので外す際は12角のメガネレンチをおススメします(6角のソケットではナメますコレ)。

 

シャコ万をかける

シャコ万をかける

でもって次の問題はこれ。
ナットは外せてもスタビライザーが引き抜けない・・・ブシュが密着していることもありなおさら。。

 

シャコ万をかける

シャコ万をかける

ですので、N市のN氏から譲り受けたシャコ万をかける引き抜き作戦を行い対応です(プーラーの類は持っていないので)。
ブシュにCRCを吹きかけながらやると尚可、という感じです。

 

A100系ミニカのスタビライザー

A100系ミニカのスタビライザー

でようやく引き抜いたスタビライザーがこちら。
こんなの一瞬で外せるだろ、という甘い考えは通用しません旧車には。。

 

外した部品たち

外した部品たち

こんな部品で構成されています。
ブラケットは厚手の鉄製なので錆が深くても全く問題はなさそうです。

 

劣化ブシュ

劣化ブシュ

そしてこれが劣化したブシュ。
カチカチで痩せていてまるで私のヒザの中のような感じです。

交換するブシュは新品が出たのでゲット済み。
末端はブシュだけでも出ますが、スタビライザーエンド・リペアキットというブシュ2ケとワッシャーとナットがセットになったものがありました。
何故セットにしているか不明ですが、折角ですのでリペアキットをチョイス。

ちなみに全て在庫僅少ですが生産終了の案内はまだ無いようなので、当面は入手が出来なくなることは無さそうです。

 

ついでのサビ取り

 

サビ取り大臣

サビ取り大臣

このフロント周りのサビもひどいのでワイヤーブラシで錆び取りです。
この画像は作業後ですが、写真の映り込みのせいなのかまだしつこく残っている感じはあります。

この程度でしたら上からラストボンドで封じ込めればOKそうですが、サビ粉が残っているのが気になったので”ある”もので流すことにしました。

 

 

ハルト登場!

ハルト登場!

大き目なホームセンターに売っているアレです。
アメリカ海軍ご用達みたいな錆び取り剤&クリーナー。

怪しいですよね。これで¥1500で店員の胡散臭い説明に負けて買っておいたやつ。

前回はリアフェンダーのところで使ていて、しばらくぶりの登場です。
これをかけてサビ粉を流しつつサビ取りをも狙うという都合の良いことを行います。

 

ハルトをぶっかける

ハルトをぶっかける

使い方は塗布して10分放置してブラシ等でこする、というもの。
10分も待てないのでこの状態でワイヤーブラシでこするとある程度はサビが落ちました。

成分にリン酸とあり酸性タイプで「混ぜるな危険」系で、臭いはサンポールですので完全に便所用です。

モノタロウのサビ取りクリーナーは中性タイプで使ったあと水で流してもサビは発生しませんでしたが、これは水で流すとすぐに素地が黄色くなりサビ出しますので、完全に便所用です。

 

ラストボンドで処理

ラストボンドで処理

ハルトを大量にかけてサビ粉を流したあとに水ですすぎ、すぐさま以前取っておいたモノタロウのサビ取りクリーナーですすぎをしたのちに、ラストボンドでコーティング。

許せる範囲になったのでこれでOKとしましょう!!