ワダチに流されやすい??

先日乗った際に気が付いたのが、ワダチにハンドルが取られやすいというちょっと「?」な現象。
しかも、右方向だけに・・・

んー、気のせいかな~

 

操舵力の違い

操舵力の違い

と思いきや、ワダチの無い平坦路で走らせているとさらに気が付く。

左方向への力を1とした場合、右方向へは0.3位の力を加えただけで車線変更が可能なくらいに柔らかい。
直感的にこれはちょっと明らかに何かありそうと思わざるを得ない >_<
これまでこんな感じだったのかどうかは・・・分からない。

ちなみにハンドルが真っすぐ向いている時はちゃんと直進をするので、何かのアライメントが狂ったということも無いと思いたいし。

 

はぁ、この前ベアリング問題を解決したばかりなのに。。。

 

容疑者A

ギアボックスの調整がある

ギアボックスの調整がある

真っ先に思いつくのはステアリングギアボックスとタイロッド等のリンク機構のジョイント部のガタ。

そこでミニカami55の整備書を確認すると、ステアリングホイールの遊び調整が出来るとのこと。
ただ、ステアリングホイール=ハンドルの遊び調整なのでコレジャナイ感がアリマスね。

 

 

遊びの調整

遊びの調整

これです。
「ステアリングホイールの遊び」ではないと思うよ、今回の症状。
もちろんこれで改善すればいいけど。

 

 

ギアが??

ギアが??

えー、もしかしたら歯が欠けたとか??
まさか。

 

 

容疑者B

フレキシブルジョイント

フレキシブルジョイント

ステアリングの構造を眺めているとガタや遊びを生み出しそうな個所がもう1つ。

フレキシブルジョイント

タイヤからの衝撃を吸収したりする目的のもので、どうもゴムっぽそう。
ギアボックスが正常でその他で何かなっているとしたら、ここが怪しい可能性が高そう。

 

ガタの確認

フロントのジャッキを上げてガタがあるかどうかの確認。

 

ハンドルを左右に最大限切った状態での確認で、右に切ったときに少々大き目な遊び(ガタツキ)ある感じ。
真っすぐや左に切った状態とは全然違うので、これは何かある。。

 

先日伺ったYさんとメールのやり取りをしているときに、たまたまこのことを書いたら、

何と!夜な夜な同じやり方で試してくれました!!

本当に感謝です!!

 

 

その模様がこちら↓

何とも絶妙なポジションからの撮影で、フレキシブルジョイントまで映っていてベストアングル賞の受賞確定です。

確認は「右に切る」「直進」「左に切る」「再び右に切る」で試していて、私のような変な遊びが無いように見えます。

 

ちなみに、最大限に切った状態でタイヤからすっと手を離すと反力でタイヤが戻ってきますが、私のは、

  • 左に切った状態で戻すとほぼ直進に近い位置まで戻る
  • 右に切った状態では直進の手前までしか戻らない

という、何とも異常がありそうな違いに。

 

これも試して戴いてまして、結果は↓こちら。

左右差がある

左右差がある

Yさんのも何故か左右差があり、これは私のとほとんど同じ状態。

これだけに関して言えば「こんなもん」ということですが、あのガタというか遊びがあるのは早急に修正が必要そう。