まずはX1のスペックを確認

それはwikiを見てください!

と思ったらwikiにはまとまって書かれていませんでした。
軽く書いておきますと、

  • CPU Z80A 4MHz
  • メインメモリ 64KB
  • 同時発色数 8色
  • ビデオメモリ 48KB
  • 表示解像度 640×200ドット
  • メディア コンパクトカセット
  • 転送速度 2700bps
  • ディスプレイ信号 デジタルRGB接続モニタ

のようになっています。

 

当時を知らない方が、これがどれほど狂気的なスペックなのかを分かりやすくするとこうなります。

  • CPU ザイログ Z80A 0.004GHz
  • メインメモリ 0.000064GB
  • ビデオメモリ 0.048MB
  • 表示解像度 0.6K
  • メディア やや復活気味のカセットテープ
  • テープの転送速度 0.0000027Gbps
  • ディスプレイ信号 デジタルRGB 15kHz

デフレ率がすごいですね!

当たり前ですが今となってはかなり廃スペックです。
特筆すべきはメインメモリの容量64KB。

ノミのキ○タマよりも遥かに小さいこのメモリ容量で、数々の夢のアプリケーションを制作してきた先人たちに頭が上がりません。
8086系でバンク切り替えを使ってもなお「メモリが足りねえ~、扱いにくいー」とほざいていた私が恥ずかしい。

その他仕様などは色々な方記事にしていますので細かいことはそちらへ振りましょう~

 

CZ-801C

CZ-801C

初代X1はマニアタイプ、このX1Cはアクティブタイプと呼称したようですね。

 

I/O部

I/O部

ATARI仕様のジョイスティックポート付き。
よってMSXなどのも使用できます。

 

テープコントロール部とインジケータ

テープコントロール部とインジケータ

右上がテープコントロール部でその前の黒い窓が各種インジケータ。
80年代車と思わせる直線基調がとてもクール。

 

テープが入っている

テープが入っている

データレコーダにカセットテープが入ったままです。
ネットで記事を探していたら「本体の分解にはフタを開けておく必要がある」とありましたが、この機種のフタは電磁機構のため電源を入れないとフタが開きません。
”電源が入らない”とオークション説明にありましたし、どうしましょうかね(笑)

 

 

モニタ問題

さてさて、一行に修理記事にたどり着かないところで恐縮ですが、世の中のレトロ業界の渦中にいる人の共通問題としてモニタをどうするかがありかなり切実な問題であることに触れておきましょう。

本体を手入れても表示させるものが無ければお飾りでしかありません。
旧車を手に入れたけどエンジンが無いのでお飾りなんですぅ、と同じで本相談所の趣旨に反します。

そんなのヤフオクでGETするしかないでしょ、と言われればその通りですがX1(というか当時の多くのPC)のビデオ信号はデジタルRGBが主流で水平周波数が15kHZ。
80年代後半あたりからアナログRGB水平周波数24KHzが主流になっていきますが、それはどうでも良いとして、ヤフオクで化石仕様のモニタが容易に入手出来るのかどうか、によって相談所趣旨法違反になるかどうかが決まります。

色々と勉強しないといけなさそう・・

 

よし、突撃訪問しよう!!

というわけでまずはこれをご覧ください!

 

OT誌154号 ハイゼット記事

OT誌154号 ハイゼット記事

OT誌2017年6月号 ハイゼット記事

OT誌2017年6月号 ハイゼット記事

このコテコテしたフェイスがたまらないS37ハイゼット。
記事によると都内で15年ほど乗られていらしゃるようですがイベントなどでお会いしたことがありません。
S37ハイゼットは関東では何台かあるようですが、私はI県のHさん以外は見たことがありません。

 

さて、この記事を読み進めるとなんと、

レトロPCが!

レトロPCが!

レトロPCが載っているではありませんか!!

オーナーは都内でPCショップをされているとのこと。
それにしてもサブロク軽トラにレトロPCだなんて、私に来てもらいたいためのお店であることは間違いないようです!!

と大袈裟にそして白々しく書きましたが、当時読んでいつかは伺ってみたいと思っていたところでしたので、これは行くしかない!!と決め、アポなしで訪問してきました。

 

出発!

出発!

残雪残るとある週末にこの子で出発です!
何故タヌキ号ではないのか・・・それは、

特に意味はありません。

 

R16横田基地脇

R16横田基地脇

朝イチで行こうと思ったら意外と時間がかかってしまった。

 

 

みかん販売所付きPCショップ

みかん販売所付きPCショップ

2時間ほどして着いたのは パソコンショップ PC-Boh さん。

事前情報で明らかにはなっていましたが、みかん販売所機能付きPCショップは全国でここだけではないでしょうか?
帰りに買ってかえろう~

 

で、何しに来たのかと言いますと、

X1のモニタを貸してもらえないかの相談

であります。

PC-Bohさんのtwitterを見ていたらなんとなんとなんとX1(CZ-800)をお持ちのようでしたので「有償でも構わないから売り物でなければ貸してもらいたい」という相談を・・

 

 

と、入口ドアを開けて挨拶をして・・・

 

 

(いや、まてよ、「初めてであり、しかも信用も何もない客に対してそんな都合の良いことがまかり通るのか・・」

 

(いやいや、お困り解決ショップなんだから貸してもらえないとしても、何かヒントを教えてくれるかもよ)

 

(いやいやいや、貸してくれたとしても1日2000円とかだったら・・)

 

 

と、事情説明をする0.5sec前にこんな思考がよぎりあー超緊張・・・

 

 

 

で、勇気を出して(←幾つなんだよ)事情を説明すると、とても親切に対応して戴きまして・・・

 

 

これを貸してもらえることに!

これを貸してもらえることに!

このNECのモニタを貸してくれるとのこと!!

このモニタはデジタルRGBポートがあり、X1をつなげた実績があるとのことで安心です。
しかもリーズナブルな価格で安心二重丸銚子丸。

 

デジタルRGB対応

デジタルRGB対応

しかし、こいつも相当古い。。

期限は1週間ですので、まずは映るところまでちゃっちゃと進めないと・・・

 

折角でしたので、店内を見学させてほしいとお願いしたところ、どうぞ!どうぞ!と快いお返事を戴きまして、さっそくレトロコーナーに行くと・・

 

 

 

や、やばい!

や、やばい!

うわ、いきなりステーキ古いデザインの98!

しかもUVだなんて・・

 

色々やばい!

MZ1500!

ちょ・・・MZ-1500だ!
X1が家にありながら小学生が生意気にもQD(クイックディスク)にあこがれて欲しかったMZ-1500!!

 

 

えーとですね、このお店、

 

 

 

 

 

 

色々と

 

 

 

 

 

 

次回に続く・・

(お知らせ:修理記事は相当先になりそうです)